Unlimited 6th

日本才能学研究所推奨 6次元コンテンツラインナップ

アート

超時空ROLアートRitsuko(高沢律子プロデュース)

unlimited 6th編集部は、Ritsukoの面白さを切り取ってパッケージにすることは不可能だという結論に至った。Ritsukoは、SNS上の普通のコミュニケーションの中に突如として「ROLアート」をぶち込んできて、観る者に第一の衝撃波を与える。中にはそのROLアートの布石を知っている者もいて、彼らが最初の爆笑爆弾の餌食となる。さらにその後のコメントへの「返し」が絶妙で「なんでこんなにアホやねん」とグーの音も出ない。一連の流れの中でポイントを突き、そこに強烈なインパクトを刻み込む。それを後になって「面白いからRitsukoの写真投稿とコメント読んでみてー」と他人に紹介したとしても、時すでに遅く「旬の面白さ」はどこかに飛んでしまっている。その日、その時、その場所で偶然に遭遇するしかROLアートの真の面白さを味わうことはできない。さらにRitsukoはパフォーマーではない。だから「やって」と頼んだところでやってくれるような性質のものでもない。Ritsukoは彼女の中で何かが湧き上がった時、自らをアートと化し、前後数時間または数日のタイムラインとリアルタイムのコメントのやり取りを全て含んだ「超時空アート」を創作するのである。(文=unlimited 6th 編集部 七條)

「実は私はイカです」2020.11.15
「今日は20,000歩 15km歩きました」2020.11.1
「ハロウィンなので…」2020.10.31
「お蚕さん羽化しました」2020.10.20
「うまうま」2020.8.20
「今日は骨だけ!身は明日の楽しみ!」2020.8.3
「からだに優しい美食会」2020.7.24
「2020夏のトレンドは、あごマスクだね」2020.7.21
「こうガブリとな💕」2020.2.9
「男が帰った後」2020.1.15
「ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ」 2020.12.1

お問い合わせ・ご質問・ご依頼・ご相談はこちらまで

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です